印刷する
TOP > 会社案内 > 企業行動規範

企業行動規範

企業行動規範

株式会社大阪チタニウムテクノロジーズ企業行動規範

株式会社大阪チタニウムテクノロジーズは、本企業行動規範を制定し、次の諸原則に基づき、国の内外を問わず、全ての法律、国際ルールおよびその精神を遵守するとともに社会的良識をもって行動する。また、単に公正な競争を通じて利潤を追求するという経済的主体ではなく、広く社会にとって有用な存在であるように事業活動を行う。

1.法令や社会規範の遵守

(1)

事業活動にあたっては、関係法令や社会的規範を遵守し、これに違反する行為を行わない。

(2)

企業が政治や行政との透明な関係を維持することは、健全な社会ならびに企業の発展 に不可欠であるとの認識のもと、不当な癒着や公正さを疑われるような活動を行わない。

(3)

反社会的勢力や団体に対して毅然とした態度のもと、『恐れない』、『金を出さない』、 『利用しない』の原則を遵守する。

2.健全な事業活動で社会へ貢献

(1)

社会的に有用な商品・サービスの開発・提供とあわせて、顧客が正しい選択が行えるような正確な情報を提供する。また、商品の安全性や環境に十分配慮する。

(2)

コーポレート・ガバナンスを徹底し、企業経営の公正・透明性を確保する。

(3)

取引先との公正なルールに則った取引・協力関係の下に、商品・サービスを提供するとともに、互恵平等の精神のもと取引先との信頼関係を保持していく。

(4)

業務に携わる過程で知り得た情報は自社および他社に拘わらず、適正に管理し、本来の目的を超えた利用や提供を行わない。

3.社員の連帯と自己発現への環境づくり

(1)

社員が企業の一員としての自覚のもとに、連帯感と責任感を持ち、その能力・活力を 十分発揮できるよう、安全で働きやすい環境づくりを行う。

(2)

社員の人格・個性を尊重するとともに、社員個人情報等を厳正に管理する。

4.社会とのコミュニケーションと共生

(1)

『開かれた企業』として社内外からの信頼を獲得し維持するため、企業活動に求められている社会の声を収集するとともに、必要に応じて、企業情報を積極的かつ公正に開示し、社会とのコミュニケーションを充実する。

(2)

地域の企業や行政、経済団体と協力し地域経済の発展に配慮する。地域住民の快適・安全な生活のための活動や地域の行事に協力するとともに、地域文化を尊重し、保存・振興に努める。

(3)

地球環境の保全は企業の認識すべき重要な課題であり、環境関連の法令を遵守するとともに、地球環境にできる限り負荷を与えない商品・サービスの提供に最大限の努力をする。

(4)

海外においては、その文化や慣習を尊重し、現地の発展に貢献する経営を行う。

5.本規範の遵守

(1)

本規範の遵守は、役員および従業員全員の責務であり、万一本規範に反するような事態が発生したときには、迅速にその原因究明に努め、再発防止のため、適切な措置を取る。


(平成15年3月14日 制定)
(平成19年10月1日 改訂)

ページのトップへ