印刷する
TOP > 株主・投資家情報 > コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

当社は、持続的な成長及び中長期的な企業価値向上を図るため、経営の健全性・透明性を確保するとともに、迅速な意思決定ができるよう内部統制システムの整備・運用に努め、必要な施策を実施し、次の基本的な考え方に沿って、コーポレートガバナンスの充実に取り組みます。
(1)株主の権利を尊重し、平等性を確保します。
(2)株主を含むステークホルダーの利益を考慮し、それらステークホルダーと適切に協働します。
(3)会社情報を適切に開示し、透明性を確保します。
(4)独立社外取締役の関与により、取締役会による業務執行の監督機能を実効化します。
(5)中長期的な株主の利益と合致する投資方針を有する株主との間で建設的な対話を行います。

なお、当社におけるコーポレートガバナンスの状況の詳細については、「コーポレートガバナンスに関する基本方針」および「コーポレートガバナンス報告書」をご参照ください。

当社は、取締役会を当社事業に精通した取締役と、経営全般に優れた見識あるいは法律家としての専門知識を備えかつ当社と利害関係のない社外取締役で構成することにより経営効率の維持・向上と監督機能の強化を図っています。

また取締役の任期については、経営環境の変化に迅速に対応し、事業年度における取締役の経営責任をより明確にするとともに、コーポレートガバナンスを強化する観点から1年とし、監査役については、社外監査役を含む監査役機能の充実により、経営監視機能の維持・強化も図っています。 

なお、当社における経営上の意思決定、執行および監督に係る経営管理組織その他のコーポレートガバナンス体制についての概念図は以下のとおりです。


ページのトップへ