印刷する
TOP > 製品案内 > 高機能材料 > TILOP(タイロップ)

TILOP(タイロップ)

TILOP
TILOP

TILOP(ガスアトマイズ法チタン粉末)

高融点活性金属であるチタン、チタン合金用に当社が初めて実用化したIAP(Induction Melting Gas Atomizing Process)法では、るつぼを使用しないので溶湯が容器と接触することがないため、汚染がありません。また、急冷凝固によるため、微細組織を有する球状の粉末が得られます。
チタンの射出成形・溶射は、低酸素・微細組織のTILOPの出現を待って本格的に実用化されました。
また、粉末冶金・フィルター用原料としても、優れた性質を有してます。

高品質球状 Ti-6Al-4V 合金粉末 TILOP64

ガスアトマイズ法で、Ti-6Al-4Vの粉末を新たに開発いたしました。

TILOP64の特性

 Fig.1 TILOP64断面のミクロ組織

プレミックスアトマイズという、弊社独自の製法から個々の粒子の間には、成分の比率に若干の濃度差を生じます。

各粉末粒子は急冷凝固によるα相+β相の合金組織になっています。(Fig.1)

しかし、それぞれが合金化しており、素粉末混合における混合状態に比べ、均一性は、はるかに良好となります。 (Fig2.にTILOP64断面のEPMA写真例を示します。各元素の濃度を定性的に示しています。 赤い部分が高濃度、青い部分が低濃度を示しています。)


TILOP64の品質は、前述の通り個々の粒子間には、わずかに濃度差を生じますが、 マクロ的には主成分であるAlとV濃度はもとより、他のいずれの成分もASTM grade 5.の規格を満たすものとなっています。 Table1に分析例を示します。

Table 1 TILOP64 化学成分 (Typical)

  [mass %]
Al V Fe C O
ASTM Gr.5 5.50ー6.75 3.5ー4.5 <0.40 <0.08 -
TILOP64-45 Ave. 6.05 3.85 0.13 0.02 0.16
TILOP64-150 Ave. 6.09 3.87 0.11 0.02 0.12

(*TILOP64は、Ti-6Al-4V合金粉末を示す規格名です。
後の数字は粒度を示し、-45:45μm以下、-150:150μm以下であることを示しています。)

また、TILOP64 の粒度分布は比較的ブロードでTILOP64 -45 の平均粒径は 25μm 程度となっています。 Fig3.に粒度分布測定例を示します。

Fig3.

外観写真

TILOP(ガスアトマイズ法チタン粉末)

TILOP 100倍

用途

粉 末 用  途
TILOP 積層造形(AM)、金属粉末射出成形(MIM)、溶射、スパッタリングターゲット

製品規格

ページのトップへ