印刷する
TOP > 会社情報 > 沿革

沿革

沿革



1937年

大阪特殊製鉄所として設立

 
1950年

株式会社大阪特殊製鉄所に改組

1951年

金属チタンの製造研究を開始

 
1952年

日本初のチタン試験工場が完了

住友金属工業株式会社が資本参加

商号を大阪チタニウム製造株式会社に変更

日本初のチタン工場

試験工場で作られたスポンジチタンを囲んで喜ぶ関係者

1953年

株式会社神戸製鋼所が資本参加

1954年

月産25トンのチタン工場完成

チタン工場稼動

還元炉から引き出された最初の1トンバッチ

チタン工場稼動

上記の1トンバッチから作られたテストピース

1957年

ポリシリコンの研究開発開始

 
1960年

シリコン多結晶工場火入れ式

多結晶シリコン製造開始

塊状多結晶製造用反応炉

多結晶シリコン製造開始

上の炉つくられたシリコン多結晶

1961年

塩化マグネシウム電解工場完成

塩化マグネシウム電解工場

電解工場内部

1967年

電解第2工場第1期完成

チタン製造技術の開発で大河内記念生産賞を受賞

チタン原料用サイロ14基完成

1975年

電解8万アンペアセル完成
反応分離一体化に通産省補助金

電解8万アンペアセル完成

最初の8万アンペアセル(電解槽)

1977年

還元分離一体化炉(単重2トン)完成
流動塩化炉完成

流動塩化炉

流動塩化炉

1978年

チタン一体化炉(単重5トン)操業開始(U炉)

チタン一体化炉操業開始

最初の一体化炉で製造された4トンバッチと
開発者たち

1980年

最初の新型電解槽完成(マルチポーラーセル方式)

1981年

チタン溶解工場完成
チタン新蒸留工場完成

チタン溶解工場

完成したチタン溶解工場

1982年

新スポンジチタン工場完成、新チタン製品工場火入れ式挙行

完成した新スポンジチタン工場

完成した新スポンジ工場(3S工場)

1984年

シリコン多結晶工場の第一期完成

1992年

九州電子金属株式会社と合併

1993年

商号を住友シチックス株式会社に変更

1996年

本社・尼崎工場がISO9002認証取得

1997年

住友シチックス株式会社の全額出資により、株式会社シチックス尼崎を設立
住友シチックス株式会社より尼崎製造・技術本部を中心とした事業(チタン・ポリシリコン・開発商品)の営業譲渡を受け、商号を株式会社住友シチックス尼崎に変更

1999年

ISO14001認証取得

2002年

商号を住友チタニウム株式会社に変更

チタン電精工場増産工事完了
(年間生産能力を15,000トンから18,000トンへ)

東京証券取引所市場第二部に上場
AS9000認証取得
ISO9001:2000に移行

2005年

東京証券取引所市場第一部上場

2006年

スポンジチタン年間生産能力を18,000トンから24,000トンへ増強

2007年

ポリシリコン年間生産能力を900トンから1,300トンへ増強、出荷
商号を株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに変更

2008年

大阪府岸和田市に事業用地を取得

スポンジチタン年間生産能力を24,000トンから32,000トンへ増強(実生産能力ベース31,000トン)

ポリシリコン年間生産能力を1,300トンから1,400トンへ増強

2009年

岸和田製造所を開設

チタン溶解新工場が岸和田製造所に完成し、年間生産能力を7,000トンから10,000トンへ増強

2011年

ポリシリコン新工場が岸和田製造所に完成し年間生産能力を3,600トンへ増強

スポンジチタン年間生産能力を31,000トンから37,000トンへ増強(実生産能力ベース)
スポンジチタン年間生産能力を37,000トンから40,000トンへ増強(実生産能力ベース)

2012年

ポリシリコン年間生産能力を3,600トンから3,900トンへ増強
創立60周年(11月26日)

2013年

ポリシリコン事業の生産体制を岸和田工場に集約
(年間生産能力を3,000トンに変更)

2014年

チタン溶解事業の生産体制を尼崎工場に集約
(年間生産能力を6,000トンに変更)




ページのトップへ