印刷する
TOP > 会社情報 > 人権基本方針

人権基本方針


人権基本方針

大阪チタニウムテクノロジーズ人権基本方針


<制定の目的>
当社は、人権尊重が企業にとって重要な社会的責務であるとの認識の元、国連が採択した国際人権章典を尊重し、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」などの国際規範を踏まえた人権の尊重の取り組み姿勢を明確に示すため、人権基本方針を制定します。


1.人権基本方針
(1)基本的人権の尊重
国際的に認められた人権原則に則り、事業活動を通じて基本的人権を尊重します。

(2)あらゆる差別の禁止
個人の多様性を尊重するとともに、性別、人種、宗教、年齢、国籍、性的指向、疾病、障がいの有無等に基づくあらゆる差別を行いません。

(3)ハラスメントの禁止
性的又は妊娠・出産・育児・介護等に関するハラスメント及びパワーハラスメント等、人権を侵害する言動や行為を行いません。
ハラスメントを含む人権侵害関連事案が発生した場合には、再発防止を含めた厳正かつ速やかな対応をとります。

(4)児童労働および強制労働の禁止
児童労働、および強制労働を行いません。
また、ユニセフが策定した「子どもの権利とビジネス原則」の主旨を踏まえ、子どもの権利を尊重します。

(5)労働に関する権利の尊重
労働に関する法令等を遵守すると共に、結社の自由、団体交渉の権利を尊重します。
従業員一人ひとり又は労働組合との誠実な対話により、健全な労使関係構築に取り組みます。

(6)健全で働きがいのある職場環境の実現
すべての従業員が健康かつ安全に働くことのできる職場環境構築に取り組みます。
労働時間管理においては、労働時間に関する法令を遵守します。
また、賃金の支払いにおいて最低賃金や法定給付等の法令を遵守し、事業活動を通じて獲得した収益は経営状況や業績等を勘案しながら、従業員の生活基礎給与も勘案して適切に還元します。

(7)地域社会への連携・貢献
地域社会との信頼関係を構築するとともに、連携して地域の課題解決に努めます。
また、事業活動を行う地域雇用への貢献に努めます。

2.適用範囲
本方針は、大阪チタニウムテクノロジーズの役員及び全従業員に対して適用します。また、ステークホルダーに対して本方針をご理解いただくことに努め、ともに人権を尊重してまいります。

3.人権尊重の責任
事業活動において人権に対するマイナス影響が生じた場合には、是正に向けて適切に対処することで人権尊重に対する責任を果たします。

4.教育
本方針を遵守するため、役員及び従業員に対し適切な教育と研修を継続的に行います。



ページのトップへ

当社のウェブサイトは、利便性、品質維持・向上を目的に、Cookieを使用しております。詳しくはクッキー使用について をご覧ください。 Cookieの利用に同意頂ける場合は、「同意する」ボタンを押してください。同意頂けない場合は、ブラウザを閉じて閲覧を中止してください。